Risen Energyは、マレーシアを拠点とする東海エンジニアリングに20MWの500Wモジュールを提供し、より強力なモジュールの世界初の注文を表しています。

东方日升新能源股份有限公司Risen Energy Co.、Ltd。は最近、マレーシアを拠点とするTokai Engineering(M)Sdn。のShahAlamと共同契約を結びました。Bhd。契約に基づき、中国企業はマレーシア企業に20MWの高効率太陽光発電モジュールを提供します。これは、500Wモジュールの世界初の注文であり、PV5.0の時代におけるRisenEnergyのリーダーシップのもう1つの例です。
 
image.png
27年の経験を持つ東海は、包括的でカスタマイズされた高品質のソリューションの結果として、確立されたソーラーソリューション投資家になりました。Risen Energyは、世界初の500W高効率モジュールを発売するパイオニアとして、G12(210mm)単結晶シリコンウェーハを使用したモジュールを東海に提供します。モジュールは、システムのバランス(BOS)コストを9.6%削減し、均等化発電原価(LCOE)を6%削減すると同時に、単一ラインの出力を30%増加させることができます。
 
パートナーシップについてコメントし、東海グループのCEOであるDato'Ir。Jimmy Lim Lai Ho氏は、次のように述べています。「Risen Energyは、最先端技術に基づく500Wの高効率モジュールでPV5.0の時代を受け入れることで業界をリードしています。Risen Energyとのこのコラボレーションに参加できることを大変うれしく思います。また、均等化発電原価の削減と発電による収入の増加を目指して、モジュールの提供と実装をできるだけ早く行うことを期待しています。」
 
RisenEnergyのグローバルマーケティングディレクターであるLeonChuang氏は、次のように述べています。「東海に500Wの高効率モジュールを提供できることを非常に光栄に思います。これには、いくつかの利点があります。500Wモジュールの世界初のプロバイダーとして、私たちはPV5.0の時代をリードすることに自信と能力を持っています。私たちは、低コストで高効率の製品と市場の需要を満たすソリューションに焦点を当てた研究開発アプローチに引き続き取り組んでいきます。また、PV業界が大量生産された高出力モジュールの新時代を受け入れるのを支援するために、より多くのパートナーと協力することを楽しみにしています。」
https://en.risenenergy.com/index.php?c=show&id=576からのリンク

投稿時間:2020年10月15日

私たちにあなたのメッセージを送ってください:

ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください